なかには相続税の無料セミナーを行う不動産投資会社もあります。

不動産投資会社で相続税の相談

不動産投資を行う場合、投資家自らが物件の選定や売買の判断などを行うのが一般的です。
しかしそれとは別に、不動産投資会社を通して投資を行うという方法もあります。
不動産投資会社は様々な業務を行っている会社なのですが、投資家として気になるのは、相続税に関して相談に乗ってくれるのか否かという点だと思います。
果たして、不動産投資会社は相続税の相談にも対応しているのでしょうか。

 

相続税対策と不動産投資会社

不動産投資会社

不動産投資は相続税対策として非常に有効な方法です。
これは、不動産投資が実際の投資額に対して相続税の課税対象となる評価額を3分の1以下に抑えることができるからです。
またこれに加えて、平成28の年2月16日にマイナス金利が導入されたことも強力な追い風となっています。
マイナス金利が導入されたことで、全国の地方銀行が次々に不動産投資ローンを貸し出すようになり、それによって不動産投資のハードルが一気に低くなったのです。
不動産投資は今となっては、相続税対策の定石とも呼べる方法になっています。
しかしだからと言って、やみくもに不動産を購入すればいいというわけではありません。
不動産投資を始める際には、購入・運用する不動産の価値を十分に分析した上で判断しなければならないのです。
そうしないと、相続を行う際に資産価値が大幅に目減りしてしまうということにもなりかねません。
とは言え、資産価値が高く相続税対策に有効な不動産を選ぶのは、個人投資家にとっては決して簡単なことではありません。
そこで出てくるのが、「不動産投資会社」です。
不動産投資会社を利用すれば、投資家個人は出資をするだけで、実際の運用を不動産投資のプロに任せることができます。
相続税対策を目的として不動産投資を行う人が増えている状況の中で、この不動産投資会社の存在は非常に心強いものとなっています。

 

不動産投資会社は相続税の相談にも対応しているのか

さて、ここからはいよいよ本題の不動産投資会社は相続税の相談にも対応しているのかという疑問に答えていきたいと思います。
この疑問に答える上で前提となるのは、不動産投資会社はその名の通り、不動産投資を行う(代行する)会社であるという点です。
具体的には、不動産投資会社は以下のような業務を行っています。

  • 投資先物件の選定
  • 物件の管理
  • 賃貸業務
  • 入居者の募集
  • 家賃保証や滞納保証など各種の保証

この他にも細かな業務を行っていますが、主な仕事は以上の通りです。
これを見ていただければ誰でもお分かりになると思いますが、不動産投資会社が行っているのはあくまでも不動産投資業務であって、それ以外のことは基本的には行っていません。
さて、そこで出てくるのが今回取り上げている、不動産投資会社は相続税の相談にも対応しているのかという疑問です。
答えを簡潔に言うと、対応している会社もあればそうでない会社もある、ということになります。
不動産投資と相続税は直接的には関係ないため、そうした相談には対応していない会社がある一方で、そのような相談にも親身になって応えてくれる会社も存在するのです。
また中には、無料の相談会やセミナーを実施している会社もあります。